会社紹介
 



◆このショップについて◆

光則オンラインショップにご来店いただきありがとうございます。
東京都指定の伝統工芸品「東京銀器」の製造メーカー、大淵銀器が運営するブランド「光則」のオンラインショップです。
銀製品を中心に、普段使いにも大切な方への贈り物にもぴったりな商品を取り揃えております。
暮らしを輝かせる銀の魅力を、お求めやすい価格でお届けしていきます。
どうぞごゆっくりお買い物をお楽しみください。


◆ブランド「光則」とは◆

ブランド「光則」は、金工作家 大淵武則(号 光則)が数千年来の伝統と文化を継承し、
これからの銀器業界の発展と伝統工芸品の魅力を世に広めたいという願いのもと立ち上げました。
光則工房では熟練から若手にいたるまで多くの弟子を抱え、常に新しい世界を追求しつつ、 その匠の技と想いを相承するべく指導にあたってきました。

現在では、伝統工芸日本金工展において「新人賞」を受賞、全日本金銀創作展において最高賞である
「経済産業大臣賞」に輝く門下生がいるほど、その「光則精神」は脈々と受け継がれています。
高度な伝統技法・品質や創意工夫に極限までこだわり、ひとつひとつの作品を丁寧に真心を込めて
お客様へお届けすることを大切に、ものづくりに励み精進しています。


◆銀製品について◆


銀は見た目の美しさ、貴金属としての希少性、加工のしやすさから古来より様々な装飾品、調度品、生活用品に加工されてきました。
銀や銀イオンを利用した様々な抗菌グッズも販売され、人気を集めています。
近年では日本のデザイン・製造技術が評価され茶器や置物など多くの銀製品が海外へ輸出されている他、インバウンドによる銀工芸品の需要がかつてないほどに高まっています。
銀はほぼ100%がリサイクルでき、器物などの加工品はよほどの事が無い限り修理をして再利用することが可能です。
欧米では数百年前の食器や装身具などが実際に使用され、日本でも数は欧米ほどではありませんが、やはり数十年、数百年前の銀製品が数多く残されています。
抗菌、殺菌作用に関してはその効果は数百年前から多くの国で理解され利用されてきました。
このような状況から銀製品は現代に至って究極の「地球環境にやさしい」商品と言えるかもしれません。

◆銀製品のお手入れ◆

<銀食器のお手入れ>
●ご使用後はすぐに洗ってください。使い終わった後放置しておくと、付着した食材の成分がくすみや黒ずみの原因となります。
●食洗器は避け、やわらかいスポンジと食器用洗剤を使用し優しく洗ってください。強く擦ると傷がついてしまいますのでご注意ください。
●水滴の跡が付かないよう、すすいだ後はやわらかい布巾などで拭き上げてください。

<その他の銀製品のお手入れ>
●ご使用後は汗や汚れなどをやわらかい布等で拭いてください。

しばらく使用しない場合、やわらかい布・チャック付きビニール袋に包んで保管すると変色しにくくなります。
くすみ・黒ずみが出てきた場合は市販のシルバークリーナーや重曹で優しく洗い、しっかりとすすいだ後水分を拭き取ってください。
銀の硫化は錆びではありませんので、あえて変色をさせ「いぶし銀」の仕上げをすることもあり、その色合いは銀ならではの魅力のひとつです。
時間をかけて作られる銀の色や風合いもぜひお楽しみください。



◆会社概要◆

社名   株式会社大淵銀器
創業   1955年(昭和30年)6月1日
設立   1966年(昭和41年)6月1日
資本金  8000万円
代表者  代表取締役社長 大淵恒夫
社員数  85名
所在地  本社 〒110-0015 東京都台東区東上野3-1-13
     TEL:03-3847-7711 FAX:03-3843-1360
事業内容 金・銀製品、貴金属工芸品・記念品の製造販売

大淵銀器 ホームページはこちら